日々読書、時々一杯、折々投資

モグパクです。都内で働くサラリーマンです。 新書・文庫を1日1冊読むのを日課にしてます。あと、酒(主に日本酒)を飲むこと、投資をすることが好きです。

仕事で大失敗してしまったので、自分自身の戒めのため、その反省と今後の対策をここに記録します

少し前に、仕事でとても大きな失敗をしてしまった。さいわい、上司がかなり助けてくれたので(我慢してくれたので)、大事にはならなかった。

もし助けがなければと考えると、今振り返っても真っ青になってしまうぐらいの大失敗。

 

あれから、なぜあんな失敗をしてしまったのか、いろいろ考えてみた。

一言でいうと「過信」が原因。

 

1 スケジュール管理が甘かった。処理しないといけない仕事量からすると到底無理なのに、何とかなると過信してしまった。

2 周りの意見を大した根拠もなく否定し、自分の意見ばかり押し通してしまい、間違った方針を設定してしまった。自分が正しいと過信していた。

3 ろくに考えもせずに根拠のない自分の意見を言っていた。自分の頭でちゃんと考えるという作業をさぼっていた。自分はちょっと考えればすぐに正しい結論が得られると過信していた。

4 自分の意見を文章にすることなく口頭で一方的に伝えていた。周りがちゃんと正確に聞き取るべきであって、自分がいちいち文章を書く必要はなく(口頭で適当に伝えれば十分に分かるはず)、さらに、それが周りの人自身の教育にもなり良いことをしていると過信していた。

 5 仕事なんだから、自分がいちいちフォローするまでもなく、周りがちゃんとできて当然であると過信していた。

6 この仕事を上司は何もわかっていないし、まったく役に立たないと思っていた。でも、じつは、同じ目的を達成するのであれば、むしろ上司に先に相談して了解をとった方がよいこともあった。自分以外、この仕事をできる人はいないと過信していた。

 

このように、私の過信が原因で仕事で大失敗をしてしまい、さらに、周りの人に多くの迷惑と負担をかけてしまった。

 

今回の失敗を契機に反省し、今後は、「過信」を自分の中から排除する。具体的には、

自分の意見が正しいと思いこまず(1、2の反省)、

手抜きをせず、自分でしっかり考え、その内容を可能な限り周りの作業開始前に伝えるようにし、また、自分でできることは自分の手を動かし、周りの負担を減らし(3、4の反省)、

周りに仕事をして頂いているという意識をもち(5の反省)、

上司の考えもよく聞いていく(6の反省)、

ことにする。

 

わたしのようにここまでどうしようもない人は、ふつういないと思います。しかし、ひょっとして、そのうちの一部でも当たる人がいるかもしれないので、そういう人の参考になればと思い、ここに記録します。もちろん、自分自身の戒めのため、というのは当然のことです。