日々読書、時々一杯、折々投資

モグパクです。都内で働くサラリーマンです。 新書・文庫を1日1冊読むのを日課にしてます。あと、酒(主に日本酒)を飲むこと、投資をすることが好きです。

飲み手をすぐにとりこにしてしまうぐらいおいしい日本酒「くどき上手」(山形)

純米大吟醸 くどき上手 播州山田錦33 Exclusive 特別」(亀の井酒造、山形)、アルコール分17度以上18度未満、播州山田錦100%、精米歩合33%
ーーーーーーーーー
飲む前にさいしょに感じるのが、その香りです。とても甘い香りがします。フルーティな香りともいえます。じっさい飲んでみますと、もちろん、甘さがしっかり感じられ、さらには、まろやかさもあります。とても飲みやすいお酒です。でも、軽い味わいというのではなく、しっかりと米のうまさも感じることができつつ飲みやすいというバランスのとれたお酒です。

じつは、いぜんから名前は知っていました。でもなぜ「くどき上手」なんだろう?誰をくどくのだろう?みたいな余計な疑問ばかり先に思い浮かんでしまた。こんかい初めて飲んでみてわかりました。飲むとこの酒のとりこになってしまう、つまり、このお酒が飲み手をくどいているのですね(これはわたしの独断です。「くどき上手」という名前の本当の由来は、別にあります。)。

f:id:mogumogupakupaku1111:20171130210911j:plainf:id:mogumogupakupaku1111:20171130211216j:plain