日々読書、時々一杯、折々投資

モグパクです。都内で働くサラリーマンです。 新書・文庫を1日1冊読むのを日課にしてます。あと、酒(主に日本酒)を飲むこと、投資をすることが好きです。

悪行の勧めに見える本ですが、そうでもなく、むしろ弱い立場の人を応援する本

論より詭弁 反論理的思考のすすめ(著者:香西秀信)、光文社新書、2007年2月初版第1刷発行、

ーーーーーーーーーーー

「論理的思考」といえば、なかなか難しいけど、むしろ進んでとるべき態度のひとつ。人に話すときは、論理的に話すことが求められます。逆に、「詭弁」といえば、揚げ足取り、言い訳といったように、マイナスのイメージ。相手の言い分に対して、「それは詭弁である」と言えば、単なる言い逃れ、逃げ口上に過ぎないと批判しているに等しい意味として使われます。ところが、著者の香西氏の論理的思考に対する評価は独特です。

 

論理的思考などほとんど役に立たない

 

著者の香西氏はこう述べます。

 

議論に世の中を変える力などありはしない。もし本当に何かを変えたいのなら、議論などせずに、裏の根回しで数工作でもした方がよほど確実であろう。実際に、本物のリアリストは、皆そうしている。世の中は、結局は数の多い方が勝つのである。論理的思考力や議論の能力など、所詮は弱者の当てにならない護身術である。強者には、そんなものは要らない。いわゆる議論のルールなど、弱者の甘え意外の何ものでもない。他人の議論をルール違反だの詭弁だのと言って批判するのは、「後生だから、そんな手を使わんで下され」と弱者が悲鳴を上げているのだ。そして、そのような悲鳴にすぎないものを、偉そうに、勝ち誇って告げるのも、また弱者の特徴である(8~9ページ)

 

まあーなんていうか、ずばっと言ってしまいましたね。香西氏は。

でも、確かにそう。議論で世の中が変わるのなら、国会でいっぱい質問している野党議員が世の中を変えているはずですが、じっさいは、野党の言う通りには少しも世の中変わっていない。

とはいえ、論理的思考力自体はさすがに必要と私は思います。何が問題なのか、現状を分析したり解決策を探すのには必要だと思います。なので、「ほどんど」役に立たないと見出しを付けました。論理的思考力によって得られた答えを現実化する段階では、論理的思考力や議論など何にも役立たないと思います。

では、詭弁とは何なのか?

 


言葉で何かを表現することは詭弁である

 

おそらく多くの人は、自分はすくなくともできるだけ「論理的思考」をし、「詭弁」をしないようにするということを心掛けているのではないでしょうか。しかし、この本は、そんな考え、努力、願望をあっさり否定しています。それが、この見出しの香西氏の言葉です。

なんともま、実も蓋もないというか、無邪気にというか、一刀両断にしてくれます。いやいや、わたしはそんなことはないと思いたくもなりますが、この本で紹介される具体例を読んでしますと、自分もやっていたのかもしれない、という気持ちになってしまいます。

 

その具体例とは、「人に訴える議論」、「先決問題要求の虚偽」です。なお、香西氏自身はいずれも詭弁であるとまでは断定していません。これらを私なりに解釈すると、「人に訴える議論」とは人格攻撃のことです。

少し前ですが、文部科学省の前川前事務次官が政権に批判的な発言をしたときに、前川氏が現役時代に出会い系バーみたいなところに通っていたことが報道されました。このとき、前川氏自身の行いを攻撃することで、前川氏の主張を否定する動きがありました。人格攻撃とはこの意味です。

「先決問題要求の虚偽」とは、質問に一定の前提が置かれていて、質問にはい、いいえどちらで答えても、前提を認めることになってしまう質問のことです。「君は、今日も遅刻したのか?」というのが典型的な質問です。

 

詭弁にあふれるこの世の中。そんな中、自分だけ詭弁を使わないというのも一つの見識ではありますが、香西氏の意見は違うようです。私もそう思います。

どれだけ詭弁から距離を置くとしても、少なくともまわりの詭弁にはめられて自分が不利な立場に陥るのは避けるべきでしょう。そして、もっと積極的な利用の仕方もあるようです。特に、弱い立場にある人こそ、詭弁を活用することで、より自分の主張を説得的に述べることます。この本は、そんな詭弁とは何かを教えてくれる本です。

本のタイトルは怖いけどじつはそうでもない本。坂上氏自身も同じということが分かります。

おまえの代わりなんていくらだっている 覚悟の仕事論(著者:坂上忍)、新潮新書、2018年3月発行、

ーーーーーーーーーーーーーー

著者の坂上氏は、さいきんテレビで見ないことはないぐらい、いま大人気の芸能人です。この本は、坂上氏が週刊新潮に連載していた「スジ論ーわたしのルールブック」を再編集したものです。

 

「スジ論ーわたしのルールブック」というタイトルの方がしっくりくる

 

この本は、そのタイトルから想像できるように、仕事論としてかなり厳しいことを述べています。でも、ちょっと違うんですね。いまの世の中、とても悪い待遇で仕事せざるを得ない人もいっぱいいます。こういう人っておそらく、仕事を出す方から、おまえの代わりなどいくらでもいるよと言われてしまい、それでやむなく、悪い待遇に甘んじているんだと思います。この本のタイトルからは、そういう人に対して我慢しろみたいなメッセージがあるのか、と勘違いしてしまいそうですが、違うんです。

 

この本でいう覚悟の仕事論とは、芸能界といういわば特殊な世界において、特殊な仕事をし、また、それ相応のギャラをもらっている人たちを念頭に、そして、坂上氏自身もそのひとりとして、おまえの代わりはいくらでもいる、と言われないようにするためにどうすべきか、という方法論を書いています。

 

この本を読むと、若者に厳しい、礼儀にうるさい、子どもを叱るといった坂上氏のユニークな言動には、芸能人としてのキャラ立ちとしてやっているのではなく、ちゃんと理由があることがわかります。いずれもいまの風潮とは逆行する言動ですが、それゆえ、その理由は興味深いです。そこは「覚悟」をもってやっていることが伝わってきます。

 

堅い話ばかりではない。坂上氏のユニークなプライベートの話もいろいろ。

 

坂上氏といえば、大の犬好きで有名です。この本では、そんな坂上氏と犬との触れ合いの話もあります。ちょっと怖そうな坂上氏ですが、犬の話をしている坂上氏は、ぜんぜん別の顔をしています(あくまで私の想像です)。

また、趣味の競艇の話、女性とのお付き合いの話、日常生活で起こる出来事での坂上氏の思いもつづられていて、等身大の坂上氏を読むことができます。わたしのお気に入りは、「わたしのシフォン論」です。それコントでしょ?と思わず突っ込みたくなるぐらい笑ってしまう(坂上氏本人は大まじめですが)展開ですが、なんと実話のようです。

 

坂上氏以外の芸能人の話もおもしろい。テレビから受けるイメージとのギャップにおどろき。

 

また、親交のある芸能人の話もしています。何人かの芸能人の話が出てきます。

たとえば、和田アキ子氏の話はとっても意外。テレビで見る和田アキ子氏のイメージと実際はかなり違うようです。テレビでは完全に怖いキャラの和田アキ子氏ですが、なぜ多くの芸能人が和田アキ子氏の飲み会に参加するのか、意外な事情があります。

もちろん、和田アキ子氏が怖いからなんていう事情ではありません(笑)。

 

 

 

その「コンテンツ」がなぜおもしろいのか、なぜつまらないないのか、という「コンテンツ」を見る目を教えてくれる本

コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと(著者:川上量生)、NHK出版新書、2015年4月第1刷発行、

ーーーーーーーーーーーーーーー

「コンテンツ」という言葉は、作品、ソフト、映像、などなど、いろんな言葉を連想させますが、クリエイティブな要素を感じさせる言葉です。また、ジブリ作品なんてきくと、まさにクリエイティブであり、宮崎監督の独創性の現れであると思います。

 

この本はそんな「コンテンツ」について著者の川上氏が抱く疑問に対する考え方を述べています。その疑問とは・・・

 

ひとつは、人間の創作活動とは具体的にどんなことをしているのだろうという疑問です(中略)いったいどうやって優れたコンテンツができるのでしょうか。

もうひとつは、人間はなぜコンテンツに心を動かされるんだろうかという疑問です(中略)

最後のひとつは、コンテンツを本当につくっているのは誰だろうという疑問です(24~25ページ)

 

わたしはこれまで考えたこともなかった疑問ですが、では答えは何か?と聞かれると、答えるのが難しい疑問ばかりです。これが、この本で明らかにする「コンテンツ」の秘密です。これらの疑問に答えることが出来る人は、すぐにでも、ヒット作連発でしょう。

 

そして、「コンテンツ」の秘密なんて、理屈とか論理で説明できるような話しではなく、ひらめきや芸術の世界であって、普通の人には理解し難く、まさに宮崎監督のような天才にしか理解できない話ではないのか、とついつい思ってしまい、身構えてしまいがちです。

少し脱線しますが、名野球選手の長嶋茂雄氏のコーチを受けても、打者はぜんぜん理解できなかったという話があります。なぜなら、そこでヒューッと、パッと、といったように、擬音語や擬態語の表現が続くので、理解できないという話があります(ちょっと誇張されている可能性はありです)。でも、天才人と普通人の違いは、この長嶋氏と打者の違いと同じと思います。

 

しかし、この本については、そんな心配はありません。天才にしか理解できない説明ではぜんぜんありません。なぜ、普通の人でも理解できる説明なのか。それは、川上氏がITの世界の人だからです。疑問に対する答えに迫るアプローチが、とても、論理的、科学的です。あるいは、数学的とも言えます。「コンテンツの定義」、「情報量」といった言葉が出てきますし、さらには、脳科学の話まででてきます。もちろん、もともと簡単な話ではないので、それゆえに難しいというのはあります。

こういうテーマの本ですと、宮崎氏の天才的なエピソードとか、偉人的なエピソードを紹介して、だからジブリは素晴らしい作品を生み出せることができるのだといって、いちおう疑問に対する答えを出していますが、けっきょくは、宮崎氏の賞賛に終始しているだけで、聞かされた方は、「宮崎氏はすごいんだー」という感想しか持ちようがない、というパターンがすくなからずありますが、この本はそんなことはありません。もちろん、川上氏の宮崎氏に対する尊敬は明確に述べられていますが、疑問に対する答えにといては、宮崎氏の称賛に終始するということはありません。

 

わたしのようにコンテンツとは無縁の世界の人間でも、この本を読むと、コンテンツについて何となく分かった気がしてしまいます。たとえると、いままで目の前が真っ暗でがまったく見えなかったのが、この本のおかげで、闇に眼が慣れてなんとなく、コンテンツがどんな姿をしているのかはおぼろげに分かったという感じです。

 

これからは、コンテンツを見る時、ただおもしろいおもしろくない、と感じるだけでなく、なぜおもしろいのか、なぜおもしろくないのか、というその理由もすこしは意識することができそうです。これまで以上により深くコンテンツを楽しむことができます。

 

面倒な出張も楽しみに。こんどからホテルに泊まることが楽しみになってくる本

伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方(著者:窪山哲雄)、SB新書、2016年7月第1刷発行、

ーーーーーーーーーーー

著者の窪山氏は、「伝説のホテルマン」とこの本では紹介されています。かなり以前ですが、石森章太郎原作のドラマ「ホテル」というテレビ番組がありました。高嶋正伸氏が主役をした番組で、当時大人気でした。私も見たことがあります。このドラマのモデルとなったホテルマンが窪山氏です。

 

ホテルと一言でいっても、出張でよく使うビジネスホテルのようなものから、様々なサービスがある高級ホテルまでいろいろです。この本はどちらかというと、高級ホテルの使い方を教えてくれますが、ビジネスホテルと高級ホテルの定義って知ってますか?

 

「客室を一歩も出なくても、すべてが事足りるのが高級ホテル」で、「客室を出なければ寝ることしかできないのがその他のホテル」というものです(179ページ) 

 

おもわずなるほどと思ってしまう基準です。もちろん窪山氏は、「その他のホテル」がダメと言っているわけではありません。

さて、高級ホテルは、いろんなサービスがあるし、また、サービスの質も良いというのは分かっているけれど、でも、ちょっと高いよね、というイメージを私は持っていました。

 

窪山氏もこの本の中で、金額自体は安いということはアピールしていません。でも、その内容、質を考えれば、十分リーズナブルではないか、と言っています。さすが「大人のためのホテルの使い方」の本です。ホテルの価値を十分理解していればこそ分かることです。窪山氏が紹介する様々な使い方の中でも、いちばん意外で、そして私もやってみようかなっと思ったのは、ホテルのバーの使い方です。もっとも大人らしさが要求される空間、高級ホテルならではの雰囲気のある場所です。

 

政治家の麻生氏が総理だった2008年に、ホテルのレストランやバーによく行っていたことがマスコミに報道されて、庶民感覚からずれている!みたいな批判を受けたことがありました。それに対して麻生氏が、決してホテルのバーは高くないといったことを反論していたと記憶していますが、窪山氏の本を読んで、なぜ麻生氏がそう言ったのか、なんとなく理由がわかりました。一言で言うと、麻生氏は大人、マスコミは小人ということです。

 

といっても、やはり金額自体が高いものは高い。ましては、宿泊となるとさらに手が出ない。ただでさえ会社が経費を節約していてホテル代もそんなに出してくれないのに、高級ホテルに泊まれるわけないし、ましてやバーなんて無理だよと思われる方、いると思います。わたしも同じ立場です。そんな場合の裏技をひとつご紹介します。それは、

 

高級ホテルの近くの(安い)ビジネスホテルに宿泊し、高級ホテルのバーだけ利用する

 

です。決して変な方法ではなく、じつは、別のホテルに関する本で紹介されていた方法です。こんど出張があったら試してみようと思っています。

 

 

mogumogupakupaku1111.hatenablog.com

 

このほか、窪山氏の本は、ホテルの良し悪しを見分けるポイント、ホテルからより快適なサービスを受けるためのコツなど、伝説のホテルマンならではの、ホテルの内側からからしか分からない視点でいろいろと教えてくれます。また、高級ホテルだけでなくふつうのビジネスホテルでも使える使い方もあります。高級ホテルに宿泊というのには縁遠い私ですが、ホテルに泊まること自体をとても楽しみにさせてくれる本です。

ちょっと変わった京都本。京都嫌いな人も京都好きな人も一度は読んでみて損はしない本

京都のおねだん(著者:大野裕之)、講談社現代新書、2017年3月第一刷発行、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めての飲食店にはいるとき、いったいどのぐらいかかるのだろうか?というのは、誰しも気になるところです。食べログでは、1人当たり予算の目安というのがのっています。じっさいは、食べログ予算に1000円ぐらい足した額になるとも言われていますが・・・。

 

それはさておき、一方、京都の場合、値段のまったく分からないお店というのがいくらでもあります。この本は、そんな謎につつまれた京都のおねだんについて、食のおねだん、季節のおねだんなど、様々なもののおねだんについて解説してくれます。でも、高いからどうこうとか、安いからどうこうという話しをしている本ではありません。

 

とうぜん、いくらという金額の話しも出てきますが、おねだんの話を通じて、京都の文化、生活、風習、京都人の考え方、行動パターンなど、さまざまなことが浮き彫りになります。京都ならでは、京都にしかないものもいろいろありますが、よく考えてみると、昔は、京都以外の地域にも似たようなものがあったけど、いまはなくなってしまい、京都にだけ残っているというものも多いです。

 

たとえば、毎年8月24日前後に行われる「地蔵盆」。町内会単位で行われるお祭りなのですが、よくあるのが、いわゆる一戸建て(土地持ち)の人たちが加入する町内会は地域のお祭りをするけれど、新しくできたマンションの町内会はそんなの知らない、というパターンです。ところが、京都では、マンション住まいであっても、やるべきことをやらなければいけなくて、著者の大野氏が住む京都のマンションでもマンションの町内会が「地蔵盆」をしています。京都ならではという感じです。

ところで、この地蔵盆をするには、名前のとおり、お地蔵さんが必要です。新設のマンションの町内会にはお地蔵さんなどありませんので、どうするのかというと、なんとお地蔵さんを借りてくるそうです。このレンタル料が3000円。これも京都のおねだんの一つです。お地蔵さんのレンタル料なんていうおねだんがあること自体びっくりですが、わたしは、この金額は安いと思いました。(63~73ページ)

 

京都といえば舞妓さんです。花街のお座敷で舞妓さんとお話したり、踊ったりしながらお酒を飲んでなんていうのは、わたしはあこがれますが、しかし、いくらかかるか分からなくて恐ろしくてとてもいけない、というのが正直なところです。こんかい大野氏は、実際に花街で自腹で遊んでみていくらかかるかをこの本で紹介しています。

 

大野氏は紹介者の人と2人でお茶屋さんに行き、お座敷には、舞妓さん、芸妓さん、地方さん3人に来ていただき、料亭の仕出し料理を食べつつ、飲んで遊んで、なんと、夕方5時半から12時まで、6時間半も遊んでいます。お酒も相当飲んだことでしょう。

大野氏は、実際に送られてきた請求書の写真をこの本に載せています。なかなかこういうものは見られません。というか、よく載せられたなあというのが驚きです。お茶屋さんの許可をとって載せたのだと思いますが、お茶屋さんも意外とオープンなのかもしれません。

 

実際いくらだったのか、ここでは書きませんが、数万円では納まっていません。これを高いと思うか、安いと思うか、考え方はいろいろですが、少なくとも、金額自体は決して安くはありません。でも、大野氏はこう述べます。

 

京都人がお茶屋に通うのは、そこが安いと感じるからだ。それ自体が美術品である建物に、絢爛たるお着物と飾り、なにより舞妓・芸妓・地方の磨きぬかれた芸は、絶対に嘘をつかない。お茶屋に限らず、最良の京都には本物しかない。そして、そのおねだんには、決して定価があるのではない。店と客の、人と人との「関係」のおねだんであり、それは請求書を受け取った客が己の価値を知る数字である(207ページ)

 

京都好きな人も京都嫌いな人も、文章の内容への賛否はともかく、読むと心の琴線にふれる一文です。

テレビがつまらないのなら、ドリフの「8時だよ!全員集合」をネットで見て大笑いしましょう。

最近のテレビはつまらない、バラエティは面白くないと思っている方、けっこういると思います。わたしもそうです。テレビのバラエティはほとんど見ません。唯一見るのは、年末の笑ってはいけない24時間ぐらいでしょうか。

 

でも笑ってはいけないは年末しか放送しない。それ以外の時期は何を見ればいいのか?と思っている方には、

 

ドリフターズの「8時だよ!全員集合」を見よう

 

というのがわたしからのご提案です。

 

ドリフ?なにそれ?昭和感まんさいのやつでしょ。昔はすごかったかもしれないけど、いまどきあんなの古臭い、と思われる方もいるでしょう。この前、とんねるずのみなさんのおかげですがとうとう終了し、もうそんな時代ではないでしょと思われる方もいるでしょう。

 

たしかに古いですね。なにしろ、昭和のテレビ番組ですから。でも、こういう話きいたことありませんか?

 

「昔はうるさいこと言われなかったから、バラエティでは何でもやりたい放題だったなあ。それに比べていまは、すぐにクレームが来るしから、やりにくくてしょうがない。」

 

そうなんです。全員集合は、まさに昔のやりたい放題だった時代、言ってみればバラエティ全盛期の番組です。しかも、そのバラエティ番組間の競争が激しい時代に、記録的な視聴率をとりました。全員集合は、1969年~1985年の約16年間、毎週土曜日に放送され、平均視聴率が27.3%、最高視聴率が50.5%を記録したとんでもない番組なんです。

 

これがおもしろくない訳ないとわたしは思うのです。You Tube には過去の全員集合や、ドリフ大爆笑のコントがいろいろアップされていますので、もちろん、どれから見ていっても面白いと思いますが、とはいえ、多すぎて選べないという方も多いと思いますので、私のおすすめをご紹介します。

 

3位 ドリフの食堂はガンコ主人で大騒動! 

いかりや長介演じる食堂の頑固オヤジが、客であるほかの4人のメンバーを好き放題ほんろうするところが面白いです。

 

www.youtube.com

 

2位 『 剣道 宮元武蔵は一日にして成らず? 』

いかりや長介が剣道の師匠、他の4人がその弟子という設定ですが、先ほどとは逆に、4人がいかりや長介をおちょくりまくるところが見所です。

 

www.youtube.com

 

1位 松の廊下

赤穂浪士の吉良家討ち入りの原因となった松の廊下が舞台。加藤茶浅野内匠頭志村けん吉良上野介を演じています。2人が、文字通り体を張って笑いをとっています。時間は4分強で、他のよりもかなり短いので、最初に見るにはおすすめです。わたしは4分間、最初から最後まで笑いっぱなしでした。

 

www.youtube.com

 

アップされた動画はいつ消去されるかわかりませんよ。お急ぎください!

いま様々な問題で揺れている安倍総理にこそ、読んでいただきたい本

安倍官邸「権力」の正体(著者:大下英治)、角川新書、2017年1月初版発行、

ーーーーーーーーーーーー

いま、森友問題、加計問題、防衛省の日報問題など、いろんな問題が噴出している安倍政権ですが、意外と(?)政権が倒れる兆しはありません。おそらく、さまざまな問題に対して不満はあるものの、だからといっていまの野党に政権を任せようという気持にはなれず、けっきょく自公政権が続くのであれば、安倍総理のままで良いのでは、という気持があるからかなあとわたしは推測していますが、安倍政権の強さの秘密はなんだろうなと思い、この本を読んでみました。

 

安倍氏は以前一度総理になりますが、短期間で退陣しています(第1次安倍政権:2006年9月~2007年8月)。この本は、そんな安倍氏がなぜ再び総理になれたのかという動きを取り上げていますが、安倍氏を強く支持する政治家が数多くいることがあげられています。そして、その人たちは、いま、安倍内閣の要職を占めています。菅官房長官、萩生田官房副長官、加藤厚生労働大臣、世耕経済産業大臣といった政治家の名前は、ときどき、あるいは頻繁に報道に出てきます。

この本は、安倍氏に好意的な立場で書かれているので、やや割り引いて読まないといけませんが、それにしても、安倍氏の政治家としての魅力は相当なもののようです。いつもなら「お友達内閣」と言われてもおかしくないところですが、一定の実績をあげていることから、そうした批判を蹴飛ばしてしまっています。ただの「お友達」ではなく実力のある「お友達」を起用しているのでしょう。安倍氏が第1次安倍政権の失敗から得た教訓は相当なようです。

政権を投げ出すという大失敗をした人がなぜ再び総理になり長期政権を維持できたのか、総理を辞めた後に、ぜひとも講演して欲しいものです。講演会を開けば、毎回聴衆が殺到すること、間違いなしです。

 

あと、面白いのが、役人を使うのがとても上手という点です。たとえば、2013年、アルジェリアで日本人が人質となる事件があったとき。被害者を日本に帰国させる際に、菅官房長官政府専用機で迎えに行かせようとします。ところが、外務省、防衛省があの手この手の言い訳を考えて反対します。こんなことを言っていたようです。

 

「着陸したことのない滑走路だから、政府専用機では無理です」

「飛行ルートが、ロシア上空にかかわることになります。外務省が、ロシア政府から許可を取るのに1週間ほどかかります」’(171~172ページ)

 

あきらかにめんどくさいから断るための口実にしかすぎませんが、こんなことを役人が政治家に言うということは、これまでこういう口実をならべればなんとかなったのでしょう。しかし、菅官房長官はそういった言い訳を一蹴し、政府専用機による帰国を実現させてしまいます。

 

これは一例ですが、安倍政権の役人の使い方がとても上手なところはよく分かります。それも、安倍政権の強さなのでしょう。菅官房長官は官僚を否定しているわけではありません。

 

その姿を見た菅は、しみじみ思った。〈日本の官僚は優秀だ。本当は、仕事をやるために官僚になった人が多い。それをうまく使ってやれない政治家が多いから、政治家も舐められるんだ。いかに政治家を使うか・・・だな〉(214ページ)

 

一方で、さいきん政権を揺るがしている問題が、財務省の佐川氏、経済産業省藤原氏といった安倍政権の信頼の厚い役人の言動から問題が発生していることからすると、なんとも皮肉です。問題を起こした役人がいるのであれば、すぐに厳正に処分すれば、本来問題は解決です。しかし、菅官房長官の先ほどの思いにあるとおり、役人を自らの政権のイニシアティブで上手に使った結果として生じた問題であるがゆえに、役人との距離が近すぎとなり、問題の役人を強引にかばってしまい、それが政権を揺さぶる問題となり、必要以上の大きな問題となっているように見えます。

 

安倍総理に対抗できる総理候補は、しょうじきいって、与野党とわずいないのが現実だと思います。政界に敵なしですが、むしろ、官界に気をつけることが必要でしょう。安倍政権の今後は、有能な役人に働かせつつ、いかにその暴走を抑えるのか、という点にかかっているような気がします。